国際金融情報 銭形ヘッジ(ZenigataHedge)

  • 2011年10月12日

    賠償は誰の責任か?

    国益と金融リスクの点から考える

    (以下は、エコノミスト臨時増刊号2011年7月 に記載された記事の原文です。)

    天災と人災

     東日本大震災から百日を超えた。東京電力福島原発事故の収束はいまだに目途が立っておらず、処理に時間がかかればかかるほど、当然、復旧・復興コストはかさんでくる。

     政府は3月23日に、この大震災で損壊した設備や道路などの直接的な被害総額を16~25兆円とする試算をまとめた。しかし、この金額には福島原発事故やそれに伴う東電の計画停電、広範囲に及ぶ放射能汚染や風評被害、退避による損害などは含まれていない。

     政府関係者は、地震と津波の天災に誘発された原発事故に関しては「人災」とし、東電がその責任を負って当然という発言をしている。一方、財界からは、米倉弘昌経団連会長は、原子力行政は政府の推進政策のもとに成り立ってきたことから、今回の原発事故は一民間企業が負い切れないリスクと判断して、東電ではなく全面的に政府が責任を負うべきだと、発言している。 (さらに…)

  • 2011年03月30日

      被災から多くの中堅企業が立ち直ろうとしている。中堅企業の再生は、日本の製造業、経済全体の成長に欠かせない。企業再生には財務改善と実業の活性化の両方の手当てが必要であり、官による復興資金提供と民による企業再生といった、官民一体となった取り組みが望ましい。 (さらに…)

  • 2011年03月20日

       危機は必ずやってくる、しかも、忘れたころにやってくる。「山高ければ谷深し」というように、マーケットが急落すれば、右肩上がりの相場でせっかく積み上げた利益も一気に失ってしまう。いくつもの山と谷を越えて長期にわたり資産形成してゆくにはどうすればよいか。本稿では、危機にも強い資産運用法の「四つの鉄則」を紹介したい。(以下はエコノミスト臨時増刊号3月14日発売に掲載した内容です。)

    1.マーケット・サイクルを知る

    2.資産保全に徹する

    3.投資戦略を分散する

    4.アルファを追求 (さらに…)

  • 2011年02月07日

      エジプトで百万人規模のデモが続く。1989年の「ベルリンの壁崩壊」で共産主義諸国は存在意義を失ったが、チュニジアに端を発したイスラム諸国での独裁政治切り崩しは、「イスラムの壁崩壊」となるのか。 (さらに…)

  • 2011年01月28日

     日本と同じような貿易国家であるシンガポールやオランダは、日本よりも小さな国力でありながら、シンガポールではGICとテマセークという世界に誇る政府系ファンドが、オランダでは公的年金基金(ABP)が、国民の資産保全のために効率的に国富を運用し、国富を増やしている。なぜ同じようなことが日本で可能ではないのか。 (さらに…)

  • 2011年01月27日

     2003年に運用開始来ずっと年間プラスのリターンを上げている通貨ヘッジファンドがある。 (さらに…)

  • 2010年12月20日

     ウォジンローア博士(Dr. Albert M. Wojnilower)は、ボルカー(現米経済再生諮問会議議長)氏とかつてNY連銀で机を並べたエコノミスト。連銀の後、ファースト・ボストンで25年間チーフエコノミストとして活躍した。 (さらに…)

  • 2010年11月13日

    人民元の行方、中国の通貨政策について

      さる9月25日に、「アジア太平洋時代における日本の東アジア戦略」と題した北東アジア研究交流ネットワークフォーラムに参加した。
     特に興味深かったパネル・ディスカッションは、「金融危機と北東アジア諸国の対応、アジア共通通貨問題」であり、パネリストの一人、柯隆氏(富士通総研経済研究所)の人民元についての意見は大変価値のあるものだった。

    (さらに…)

  • 2009年10月08日

    Sep 2009

    円高が進行している。当分米国の短期金利がゼロに近いと予想されることからいたしかたない。米国もまた日本の1990年代の「失われた10年」もしくは15年を繰り返すのだろうか。

    ウォジンローア博士は四半期ニュースレター(2009年9月15日付)で以下のような予測を述べている。簡単にまとめておこう。 (さらに…)

  • 2009年07月09日

    世界に誇れる日本企業こそ、買い

    7月1日にテレビ東京の「ファイン」(3時半から4時)という番組に出演した。外国人投資家が買っている日本株銘柄を発掘するという趣旨だった。私の持ち時間は4分。しかし、途中全日空の決算速報が入り、全部の銘柄を紹介できなかった。読者の皆様にはここできちんと紹介しておこう。
    外国人投資家が日本株銘柄選択で注目するのは、以下の3点で、 (さらに…)

米国の景気動向、金融市場のトレンドを先読みする情報